FC2ブログ
2020年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2020年03月13日(金)

パレートの誤算

2回目始まる前に更新出来てよかった!

WOWOWは1月から入ってて準備万端(笑)
早すぎるだろ~みたいな
いや、ほんと
WOWOWはやっぱりいい!
・・・と旦那が言ってた(笑)
ここぞとばかりなのは旦那やねんけど(笑)
お金に余裕があれば入っておきたいと・・・笑

でも見たいものがたまりすぎて
それは無理やなとも言ってたので

まぁ
そこどまりですな

『パレートの誤算』 第1回
web拍手 by FC2

【More・・・】

ほんと色目が映画っぽくて
映像がきれい

力入ってるな~って印象を受けた

パレートの誤算は小説を買ったけど
最初2ページぐらいしか読めて無くて
ジュラルミンケース持ってきたとこぐらい(笑)

1回目見た後で読み始めて
でも・・・
結果わかっても大丈夫なん?って思いつつ・・・

1章だけ読んで置いてます
すごい癖のない文章なので読みやすいです
うん、まっすーは本の読める子なのよ
やることたくさんで時間がないのよね

あ・・・

話それた

話はとても重い
そりゃ生活保護の話だもん

ケースワーカーに
主役の牧野さんと小野寺くんがなるってとこからのスタートで
そこから
生活保護をほんとに受けないといけない人がどれだけいて
どうなのかってのも組み込まれながら

頼りになるケースワーカーの先輩の山川さん

演じてるのは和田くんですけど(まっすーは・・・和田くんって呼んでるのね~)

ストーリー的にそういうところをコツコツ進めて行ってるなぁって印象
大人のドラマだなぁって印象がする!

生活保護をうける家庭を2人で訪問するんやけど
小野寺くん
ズバズバ言い過ぎ
まぁ・・・小野寺くんの根底には
働けるなら働いて欲しいっていう気持ちがあるからだろうけど
ちゃんとそう思ってじゃないと別にいいやって感じなら
「はいわかりました」で流した方が楽な気もするもんね

先輩ケースワーカーの山川さんが
火事で巻き込まれてってとこで終わるんやけど・・・

マス友ちゃん

「え~山川さん亡くなるって知らんかった」

「え?誰が殺されると思ったん?」

「生活保護受ける人?笑」

「ケースワーカー殺人事件やから(笑)」

なんてやりとりもありつつ(笑)

どうなるの?って続きが見たいドラマですよね~

その後のアフタートーク

那須くん、北村有起哉さん、愛ちゃん、まっすー、松本まりかちゃんの並びで
この時は小野寺くんじゃなくまっすーって感じ
有起哉さんが「まっすー」って(゚∀゚)

WOWOWって
メイキングとかあっていいね
普通の局じゃないからなぁって思ってたけど
すごく手厚い感じ

メイキング見てると重い内容なのに
すごく楽しそうな現場で
あ~良かったって思う(親か・・・笑)

そりゃしんどい現場より楽しい現場のでいいもの出来そうやもんね!

まっすーのメイキングのを見たら

まっすーの誤算で
差し入れをしたときに
みかんとりんごしたら監督とまさかの差し入れかぶりで
監督ので無くなってたとか(笑)

そのあとのメイキングで
愛ちゃんとのシーンで
まっすーが何かして愛ちゃんが笑ってるの見ると
よかった~って思ってる自分がいたんだけどー(笑)

2回目は明日!

楽しみや~+.(*'v`*)+
スポンサーサイト



09:33  |  小野寺くん  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2020.03.13(金) 11:43 |  |  【編集】

秘コメPさんへ☆

更新ね~(笑)
思い立ったらやっちゃえみたいな
でもほんと中身ないから
自分の好きなように更新してるだけだけどね~
ちょっと
3月は頑張ってみる!

WOWOWいいね!
本格的だし丁寧なつくりになってて
いい作品に出れたな~って思う。

まっすー
原作の小野寺くんに近いかな
普通の感覚って言ってたしね
普通の感覚の持ち主って貴重やと思うね!



秘コメPさんへコメレス |  2020.03.16(月) 13:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azuki74.blog119.fc2.com/tb.php/2751-677568b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |